水漏れの原因とは | 水道水漏れは生活に支障が出る~水漏れミズにはいられない~

水漏れの原因とは

トイレ水漏れが発生したらまずは原因を調べる

トイレのトラブルで一番困った事態は、トイレ水漏れが発生した場合です。トイレは毎日使う住宅設備なので、清潔に使用したいものです。ちょっとした事ならば清掃すれば済むのですが、常にトイレが水浸しになっている場合はトイレ水漏れの可能性が高いです。ただし、トイレ水漏れは一般の方でも簡単に修正できる場合もあるので、まずは原因を調べる事をお勧めします。例えば、タンクなどから結露している場合などは、換気をする事によって簡単に解決する事が可能です。また、配管の付近から水漏れしている場合は、パッキンの劣化が考えられます。これもパッキンの交換によって簡単に解決出来ます。トイレ水漏れが発生したら、トイレにタオルなどを敷いてしばらく様子を見て水漏れ箇所を調べるのがいいでしょう。ただし、全てのトイレ水漏れを修理出来る訳ではないので、原因が特定できない場合は専門業者に依頼する方が良いでしょう。

自分では治せない事もある

トイレ水漏れで一般の方が修理を行えないような場合もあります。それは、トイレと床の境目から浸水しているケースです。この様なトイレ水漏れが発生していたら、床の下に配管されているパイプから水漏れしている可能性があります。この様な水漏れの場合は、パッキンの経年劣化などが考えられますが、パッキンの交換を行うには素人には修繕が出来ないので、直ぐに専門業者に依頼する事が必要です。また、ハッキリとした原因究明が行えず素人判断で修理をしてしまうと、よりトイレ水漏れが悪化してしまう事もあります。そのまま放置すると最悪の場合、床が腐って大規模な修繕工事を行う様になってしまいます。数日中に原因が特定できない場合は、早めに専門業者に依頼する事が賢明です。