水漏れの修理

意外と重要なトイレ水漏れの修理

家の中で、故障すると修理が大変なものの1つに水回りの修理があります。水回りにもいろいろなものがありますが、よく修理をする場所にキッチンとトイレがあります。キッチンとトイレをそれだけ頻繁に使っているからです。そのうち、トイレの故障でよく起こりがちなのがトイレ水漏れです。トイレ水漏れの原因はトイレの劣化にあります。トイレ水漏れもまだたいしたことがなければよいのですが、もし、トイレ水漏れもひどい状態になるとトイレが使えなくなります。しかも、給水管か排水管が壊れているためトイレをつかわない状態であっても水が漏れ続け、1日に何回も雑巾で床をふき続けなければならず何かと面倒です。しかし、もっと申告な問題があるのです。

大規模な修理が必要なことも

トイレ水漏れを防ぐには応急処置だけでは不十分です。トイレには自然治癒力があるわけではないため、応急処置はあくまで応急処置であって、それだけで問題が解決するわけではありません。特に水漏れがひどい場合、床下まで水が浸透してしまえば床を取り替えなければならなくなります。家の下の基礎の部分まで浸透してしまった場合は、シロアリが発生する可能性も高くなります。この場合、躯体に問題が発生して、耐震性にも問題が出てきます。シロアリ発生まで行くとかなり最悪なパターンですが、いずれにしてもできるだけ早めに修理をする必要があると言えます。修理にかかる費用はそのトイレ水漏れの程度にもよりますが、1万円から2万円程度でできることが多いのです。